十三参りについて

十三参りとは

虚空蔵菩薩は福徳・威力・智恵を量り知れないほどたくさん収蔵している宝庫ということで、
心から願う人々にいつでも福・威・智を与えて下さるありがたい仏様です。

十三参りは奈良時代から始まった信仰習慣です。
生まれて初めて干支がひとまわりする、数え歳の13才、厄年にお参りします。

13才は、子供が小学生から中学生にと育つ心身ともに大転換期の厄年なので、
厄除けをしてもらい虚空蔵菩薩様から智恵・威力(生きていく力)・福徳を授かり立派に成人します
ようにと願う智恵詣(ちえもうで)が十三参りなのです。

十三参りの模様

過去の十三参りの模様です。写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
十三参りの模様1 十三参りの模様2 十三参りの模様3
このページの先頭へ